読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転売の善悪とそれぞれの利害

こんにちは、モトンゴです。

今日は転売の善悪とそれぞれの利害について、お話してきたいと思います。

 

〇転売は悪なのか?

転売について、悪い印象を持っている人も少なくありません。

僕自身せどりを始める前までは、転売と聞くとチケット転売だとか、
ブックオフで通行人の邪魔になるほど買い物かごを床に置くような、
迷惑なせどらーをイメージしていました。

善悪の基準は人それぞれだと思いますが、ルール違反は絶対ダメです。

ルールを守らないのは転売以前の問題です。

それは勿論なのですが、せどりはルール内でも賛否が分かれてしまいます。


先の記事で転売が成立するのは需要と供給のバランスが崩れているからと説明しました。
「本来なら5000円で手に入れられるものが10000円で転売されていて、
それでも買う人がいるという事は初めから10000円の価格で売っておけば供給する側の利益も増えていただろう。」
といった意見もあります。
結果的にはそうなのですが、在庫過多を恐れていたり早めに確実に売り切りたい場合もあります。
企業のイメージもあるので、需要がある層に対して、良心的な価格で提供したいという場合もあります。

現在問題視されているチケット転売がまさにそうですね。
アーティストのコンサートチケットが20000円で売られていれば、お金のない高校生は購入できないです。
お金さえ積めばチケットが買えるというのも、アーティストの意向に反します。
なので僕はチケット転売にはあまり賛成できません。

 

店舗での転売はどうでしょう?
今回は、先の記事で紹介した店舗仕入→ネット販売の転売について、せどらーが消費者(購入者)、店舗、通販サイト(アマゾンやヤフオク)にもたらす利害について場合分けして考えてみました。


〇せどらーが、セールで仕入れてネットで販売

・消費者
通販サイトの供給が増えると価格競争が起こり、消費者は安く購入する事ができます。
セールになるという事はその店舗での需要は低いので、消費者がその商品が店舗で買えずに困るという事も起こりにくいです。

・店舗
不良在庫を処分し、財務状況をよくする事がセールの主な目的です。
期末時の在庫が減ることで納める税金が減ります。

・通販サイト
品揃えが良くなります。せどらーからの手数料分の売上が上がります。
価格競争が起こると、安く買えるサイトというイメージに繋がります。

 

〇せどらーが、店舗で定価で仕入れてプレミア価格で販売

・消費者
店舗に行って売り切れだった場合、仕方なくネットで購入する事になります。
納得したから購入しているわけですが、発売直後のものを高値で購入すると損している気分になります。
映画館や温泉の自販機で200円で売られているペットボトルのジュースのようですね。
これは、「他ではもっと安く買える」という情報を知っているからです。

不思議な事に、発売から何年か経過してプレミア価格になっているものに対しては、
人はその価値に納得するようです。

・店舗
せどらーに売るのも、他のお客さんに売るのも利益は同じなのですが、
より多くのお客さんに商品を買ってもらい満足して貰う方が、後のリピートに繋がります。
店舗としては、人気商品は「お一人様1つまで」で対策します。

・メーカー
発売後の売れ行きで、メーカーはその商品の供給量と価格が適正だったのかを知ります。
プレミア価格になっているものは再生産されたり、更なる改良が加えられ新商品として生産される事があります。

・通販サイト
店舗の在庫が減ってくると、通販サイトで買わざるを得なくなります。
価格は店舗より高価格で販売されます。
通販サイトは手数料分の利益を得る事ができます。

 

〇せどらーが、店舗で仕入れ付加価値をつけてネットで販売

・消費者
通販サイトで選べる商品の種類が増えます。

・店舗
商品が売れて売上が上がります。

・通販サイト
商品の在庫が豊富になります。
手数料分の利益を得る事ができます。


これらのパターンを見てみると、せどらーは様々なところに利害をもたらしている事がわかります。
セール商品を転売するのはお店にとっても消費者にとっても良いことのように見えますが、
プレミア商品を買い占めるのは消費者にとってもお店にとっても良くないことのように見えます。
どのパターンにおいても恩恵を受けているのは通販サイトですね。

 

善悪の話に戻って僕個人の意見を言わせてもらうと、資本主義市場では価値のあるものの価格が上がるのは当然の事なので、せどらーが発生するのは防ぎようのない事です。

せどらーが消える事はないので、他のせどらーが利益を得るか、自分が利益が得るか、それだけの違いであり、モノを右から左に流す事に善悪なんてないと思うんです。

勿論、ルールは絶対に守りましょうね!