アマゾンでの出品とFBAについて

こんにちは、モトンゴです。


ヤフオク、アマゾン、メルカリ、色々な販路がありますが、
今回はアマゾンでの出品とFBAについてお話していきたいと思います。


アマゾンでの商品の配送は、
自宅からお客様に直接商品を送る自己発送の他に、
商品をアマゾン倉庫に送り、商品が売れて決済が完了したらアマゾンがお客様に商品を送ってくれる、
FBA(フルフィルメントby Amazonというサービスを利用する方法があります。


このFBAというのが非常に便利なのです。

自己発送の場合は出品後、商品が売れるまで在庫を保管して、
商品が売れたら梱包、発送を迅速に行わなくてはなりません。

せどりをする場合、大量に商品を仕入れるのですが、
1つ1つの商品を別々のお客様にお届けするのは大変な作業になります。
配送が遅ければクレームにもなりショップの評価を落としかねません。


FBAなら、仕入れた商品をそのままアマゾンに送るだけなんです。
商品登録やシール貼り等、細かい作業はありますが、自己発送に比べると断然楽です。

病気や旅行で家を離れる時でも、滞りなく確実に発送してくれます。

FBAのメリットとデメリットを挙げていきます。

 

●FBAのメリット

 

〇送料が一部無料になる。

同じ価格で出品されていたとしたらお客様は送料無料の方を選びます。

 

〇決済方法が拡大する。

決済方法が豊富なので販売機会損失を防ぐ事ができます。

 

〇カートを獲得しやすい
カートというのは商品ページの最初のページに掲載される状態の事です。
カートを獲得しているかいないかで、その商品が売れる確率は大きく変わります。

 

〇保管用の倉庫を持つ必要がなくなる
自宅で大量の商品を管理するのは大変です。
紛失などの場合も補填されます。

 

 

●FBAのデメリット

 

〇手数料がかかる

在庫保管手数料と配送代行手数料がかかります。

 

仕入れてから倉庫納品まで1~2日程の時間がかかる

FBAの場合は倉庫に商品が納品されてから出品されますが、

自己発送の場合は好きなタイミングで出品ができます。

予約や取り置きをするなどして確実に仕入れができる場合、

仕入前に先に出品しておくという事も可能です。

商品によっては敢えて自己発送にするというのもアリです。

例えば、出品者が急激に増えてきていて、今後値下がりする事がわかっており、
早いうちに利益を確定しておきたい場合など、自己発送の方がいい場合もあります。

 


沢山の商品を出品するのであれば、FBAを使わない手はないでしょう。

FBAは売る方にとっても、買う方にとっても便利です。

実際、僕が商品を購入する時も少しの金額の差だったらFBA出品者から購入します。
その方が確実に早く商品が届きますからね。

 

アマゾンで出品するなら是非FBA出品を検討してみてください。

新品せどりについて

どーも、モトンゴです。

今日は新品せどりについてお話します。

 

●新品せどりとは

文字通り、新品商品を仕入れて販売するせどりの事です。

具体的に言うと、DVDやゲーム、家電、フィギュアなどの新品商品を
CDショップ、ゲーム屋、家電量販店、ホビーショップなどで仕入れて、
アマゾンなどの通販サイトで販売します。


●新品せどりのメリットとデメリット


◆メリット

・まとめ買いができる
利益が出る商品が見つかったらまとめて仕入れる事ができます。

・出品が簡単
中古せどりと比べると、検品の手間がなく説明も記入しなくてもよいので簡単です。
中古の場合は検品や写真撮影が必要になる場合が多いですし、商品知識もある程度必要になります。
新品は同一商品を複数出品する場合も一度の手間で済みます。

・回転率が早い
商品を納品してから売れるまでの期間が非常に早いです。
人気商品の場合、納品してから数分で売れる事もあります。

・返品、クレームのリスクが少ない
中古商品の場合、不具合を見逃して出品してしまうといったリスクがあります。
そういった商品を出品してしまった場合、ショップに低評価がつけられてしまったり、返品されてしまう事があります。
商品の状態が思っていたより悪かったという理由で返品される事があります。

 

◆デメリット

・利益率が低いので資金が必要
中古せどりに比べて粗利益率が低くなりがちです。

新品せどり:10~30%程度
中古せどり:20~50%程度

仕入の資金が多めに必要です。
10万円の利益を生む為に必要な資金は
中古せどりの場合、10~40万円程度ですが、
新品せどりの場合、25~100万円程度必要になってきます。


・価格競争が起こりやすい
セールで安く仕入れた商品が、他の店舗でも同一商品のセールを行っており、
同時に他のせどらー達も仕入れて出品し価格が下がってしまうという事は多々あります。

せどりに慣れてくると危険な商品は回避できるようになります。

 

●どちらがいいのか?

初心者の場合は新品から始めることをお勧めします。
中古から始めてしまうと作業の大変さに挫折してしまう人が多いです。

新品で徐々に経験を積んでから、中古も扱うようにしていくと良いでしょう。

転売の善悪とそれぞれの利害

こんにちは、モトンゴです。

今日は転売の善悪とそれぞれの利害について、お話してきたいと思います。

 

〇転売は悪なのか?

転売について、悪い印象を持っている人も少なくありません。

僕自身せどりを始める前までは、転売と聞くとチケット転売だとか、
ブックオフで通行人の邪魔になるほど買い物かごを床に置くような、
迷惑なせどらーをイメージしていました。

善悪の基準は人それぞれだと思いますが、ルール違反は絶対ダメです。

ルールを守らないのは転売以前の問題です。

それは勿論なのですが、せどりはルール内でも賛否が分かれてしまいます。


先の記事で転売が成立するのは需要と供給のバランスが崩れているからと説明しました。
「本来なら5000円で手に入れられるものが10000円で転売されていて、
それでも買う人がいるという事は初めから10000円の価格で売っておけば供給する側の利益も増えていただろう。」
といった意見もあります。
結果的にはそうなのですが、在庫過多を恐れていたり早めに確実に売り切りたい場合もあります。
企業のイメージもあるので、需要がある層に対して、良心的な価格で提供したいという場合もあります。

現在問題視されているチケット転売がまさにそうですね。
アーティストのコンサートチケットが20000円で売られていれば、お金のない高校生は購入できないです。
お金さえ積めばチケットが買えるというのも、アーティストの意向に反します。
なので僕はチケット転売にはあまり賛成できません。

 

店舗での転売はどうでしょう?
今回は、先の記事で紹介した店舗仕入→ネット販売の転売について、せどらーが消費者(購入者)、店舗、通販サイト(アマゾンやヤフオク)にもたらす利害について場合分けして考えてみました。


〇せどらーが、セールで仕入れてネットで販売

・消費者
通販サイトの供給が増えると価格競争が起こり、消費者は安く購入する事ができます。
セールになるという事はその店舗での需要は低いので、消費者がその商品が店舗で買えずに困るという事も起こりにくいです。

・店舗
不良在庫を処分し、財務状況をよくする事がセールの主な目的です。
期末時の在庫が減ることで納める税金が減ります。

・通販サイト
品揃えが良くなります。せどらーからの手数料分の売上が上がります。
価格競争が起こると、安く買えるサイトというイメージに繋がります。

 

〇せどらーが、店舗で定価で仕入れてプレミア価格で販売

・消費者
店舗に行って売り切れだった場合、仕方なくネットで購入する事になります。
納得したから購入しているわけですが、発売直後のものを高値で購入すると損している気分になります。
映画館や温泉の自販機で200円で売られているペットボトルのジュースのようですね。
これは、「他ではもっと安く買える」という情報を知っているからです。

不思議な事に、発売から何年か経過してプレミア価格になっているものに対しては、
人はその価値に納得するようです。

・店舗
せどらーに売るのも、他のお客さんに売るのも利益は同じなのですが、
より多くのお客さんに商品を買ってもらい満足して貰う方が、後のリピートに繋がります。
店舗としては、人気商品は「お一人様1つまで」で対策します。

・メーカー
発売後の売れ行きで、メーカーはその商品の供給量と価格が適正だったのかを知ります。
プレミア価格になっているものは再生産されたり、更なる改良が加えられ新商品として生産される事があります。

・通販サイト
店舗の在庫が減ってくると、通販サイトで買わざるを得なくなります。
価格は店舗より高価格で販売されます。
通販サイトは手数料分の利益を得る事ができます。

 

〇せどらーが、店舗で仕入れ付加価値をつけてネットで販売

・消費者
通販サイトで選べる商品の種類が増えます。

・店舗
商品が売れて売上が上がります。

・通販サイト
商品の在庫が豊富になります。
手数料分の利益を得る事ができます。


これらのパターンを見てみると、せどらーは様々なところに利害をもたらしている事がわかります。
セール商品を転売するのはお店にとっても消費者にとっても良いことのように見えますが、
プレミア商品を買い占めるのは消費者にとってもお店にとっても良くないことのように見えます。
どのパターンにおいても恩恵を受けているのは通販サイトですね。

 

善悪の話に戻って僕個人の意見を言わせてもらうと、資本主義市場では価値のあるものの価格が上がるのは当然の事なので、せどらーが発生するのは防ぎようのない事です。

せどらーが消える事はないので、他のせどらーが利益を得るか、自分が利益が得るか、それだけの違いであり、モノを右から左に流す事に善悪なんてないと思うんです。

勿論、ルールは絶対に守りましょうね!

せどりって何?

こんにちは、モトンゴです。

回はせどりについてお話していきたいと思います。

 

せどりとは?転売とどう違うの?

辞書やWikipediaを見ると、
せどりは、「安く買ったものを、高く売る」というニュアンスで書かれており、
転売は、「希少品を大量に買い込み、品切れにさせてから販売する」というニュアンスですが
辞書やWikipediaのそれぞれの表現の違いで、厳密な違いはないように思います。

特殊なルートで安く仕入れて、他で高く売ることも転売になると思うので、少し説明不足のように感じます。

僕の認識では、せどりと転売はイコールです。

ちなみに、せどりをしている人間の事を、せどらーと言います。

 


〇仕組みはどうなっているの?


店舗で仕入れてネットで売る。
国内で仕入れて、海外で売る。

色々な種類のせどりが存在します。

なぜそれが成立するのかと言うと、「需給(需要と供給)のバランス」と「価格」が場所によって異なるからです。

ある場所で需要のないものが、別の場所では需要が高く、沢山の人がそれを求めている。

ある場所では値段の安いものが、別の場所で高値で取引されている。

せどらーは、需要がない場所や安く売っている場所で商品を仕入れ、需要が高い場所で高値で売って利益を得ます。


ひと昔前までは、せどりで稼ぐには幅広い商品知識や経験が必要とされていましたが、
スマートフォンやインターネットの普及により、商品知識がなくとも手軽に相場金額を知る事ができるようになりました。

取り扱う商品もヤフオク・メルカリ・アマゾンを利用する事で、本、CD、DVD、家電製品、フィギュアなど、
幅広い商品を個人で販売する事ができるようになりました。

 

〇価格差がある商品をどうやって探すの?

店舗で仕入れてネットで売るというパターンで考えてみましょう。

 

①セールで仕入れて販売
恒例行事として消費者に認知されているセールですが、
これは在庫処分し財務状況を良くする為に実施されているのです。
このセールを利用しない手はありません。

決算売り尽くしセール、閉店セール、80%OFFワゴンセール、
時期によって色々なセールが実施されていますが、
なぜこの商品がこの価格で!?と目を疑うようなものが落ちている事もあります。
あと、アウトレットのお店も安く仕入れできていいですね。


②プレミア価格で販売
人気商品は定価を上回る価格で市場で出回ることがあります。

例えば、数量限定や初回限定版のDVD、スキャンダルになったアーティストのCD、
生産が間に合っていない人気ゲーム機、TVで紹介され人気が爆発したおもちゃ、

もしかすると、あなたの家にもお宝が眠っているかもしれませんよ。

 

③付加価値をつけて販売
商品を購入し、付加価値をつけて売るという方法です。

壊れたPCを仕入れて、直して売る。
古着屋で買った革靴を、ピカピカに磨いて売る。
ゲーム機本体と別売りACアダプタ合わせて販売

そういえば昔、着用済みの衣類を売っている女性をテレビで見ましたが、
それも付加価値ですね。

 

以上、店舗で仕入れてネットで売る3パターンを紹介しましたが、
ネットで買ってネットで売る店舗で買って店舗で売る
ネットで買って店舗で売るという転売もあります。

 

仕入方法については後々紹介していきますね。

副業について

こんにちはモトンゴです。

今回は副業についてお話していきたいと思います。

 

ここ数年、大企業を中心に社員の副業を容認するケースが増えてきています。

政府が企業に対し副業を容認するよう促し、企業の考え方も変わりつつあるということです。

今までは、副業により本業が疎かになってしまうなどのデメリットばかりに目が向けられていました。
しかし、それを超えるメリットは多大です。

 

国としては、少子高齢化による労働力不足を補う事や、成長産業への労働力の流入を大きなメリットと捉えています。

 

企業としては、優秀な人材を確保できるというメリットがあります。
また、社員が成長し、新たな事業や技術革新にチャレンジするのは、企業にとってもプラスになるといった考え方もあります。
欧米の企業では、兼業を認められた社員が起こした新規事業が大きく成長するケースが多々あるそうです。
副業に対する関心が高まるに連れて、早期に副業を容認する企業は高いPR効果が得られるようになるでしょう。

 

個人としては、どうでしょう?
まず、収入・収入源の増加や、本業を失った時のリスクヘッジになるという点が大きいでしょう。
コンピューターの技術革新がすさまじい勢いで進む中、どの企業も今後10年、20年続くとは断言できません。
これまで人間にしかできないと思われていた仕事が、ロボットなどの機械に代わろうとしています。
万が一本業がダメになってしまった時に備えて、新しいスキルやキャッシュポイントを作っておくと安心です。

副業で得た人脈やスキルを、本業や次の仕事に生かす事もできます。

 

〇副業が広まるとどうなるか?

個人の収入の面から見ると、その人間のスキルに見合った収入により近づいていくと考えられます。

優秀な人間は、次々と新しいスキルと知識を身に付け、副業で稼ぐでしょう。

稼ぐ人間はどんどん稼ぎ、稼がない人間は貧しいままの、富の二極化は免れないと思います。
社長より年収の高い平社員、なんて飛んでもない人達が次々と現れてきそうです。

 

では、どのような副業を探すべきなのでしょうか?

フルタイムで働かれている方は、決まった時間的拘束のあるアルバイトなど、
本業に支障をきたす可能性がある仕事は避けた方が良いでしょう。
休みたい時に休めて、空いた時間に自由に取り組めるような副業が合っています。
その中でも、本業から派生させた副業や、本業とのシナジーを生む副業が理想的ですね。
社内の仲の良い人間と組んで、一緒に始めてみるのも良いかもしれません。

 

〇今、どんな副業が流行っているの?

世の中には沢山の副業がありますが、現在流行っている副業を挙げていきます。

アフィリエイト
せどり
FX
アプリ制作
素材販売
YouTube広告収入

これらは全て、空いている時間に自由にできる副業です。

僕はこの中の「せどり」という選択肢を選び、実践しました。
様々な副業を調べ、労働量と収入が比例し易く、リスクの少ないビジネスだと思ったからです。

次回は、せどりについてお話していこうと思います。

はじめまして。モトンゴです。

今日からブログを始めてみようと思います。

宜しくお願いします。

 

ブログには、種類があります。

複数のジャンルを集めたものをカテゴリ分けする「雑多ブログ

日常について記す「日記ブログ

一つのジャンルに絞って記す「専門ブログ

 

芸能人でもない僕が日記ブログを書いたところで、はてなの皆様から興味を持って頂く事はおそらくないと思いますので、まずは専門ブログから始めてみようと思います。

後々、雑多ブログにシフトするかもしれません。

 

まずは『副業』をテーマに更新していきたいと思っております。

宜しくお願いします。